バックも美味しい“ニクいアレンジ”を作るちょっとしたコツ

 

今朝は
最近お届けしてなかった
音楽的なお話を!
あなたは
裏メロって好きですか?

アレンジにおいて、
主旋律(ボーカルとか)以外の
パートが旋律性のあるフレーズ
弾いている、というアレです。

対旋律とか、
カウンターメロディとか
言ったりもしますね。

主旋律が休符の瞬間に
差し込まれたり、あるいは、
主旋律が動いているときに
その背景で別の動きをしていたり。

僕は裏メロが印象的なアレンジが
とっても好きです。

入口がMr.Childrenだったから
ですかね。
当時のプロデューサーの
 小林武史さんのアレンジは
 絶妙な裏メロの宝庫でした!

主旋律以外…特に主旋律の次に
印象的なフレーズ
第2フォーカスと呼んでいます)
にこそ、アレンジの妙味がある!
と思っています。

で、
どうやったら、そういうラインが
カッコよくかつ自然に入れられるか
めちゃめちゃ研究しました。
その結果見出したアプローチを
今日はシェアいたします。
慣れは要りますが、
とっても簡単です。

主旋律を聴きながら
 別のラインを歌って作る
これだけです!

主旋律と違うラインを
理屈だけで考えて動かすと、
主旋律と合わせた時に
主旋律を邪魔するラインに
なってしまっている
ことが
しばしばあります。

すごく簡単な話なんです。

主旋律を邪魔しないラインは
主旋律をどれほど意識しながら
歌ったとしても、
ラクラク歌えてしまいます

主旋律を聴きながらだと
 それに引っ張られて
 別のラインなんて
 思い浮かばないですよ~…
という方は、実は主旋律が
まだ体に沁みこんでない状態
と考えられますので、
裏メロを考えるには早いです。

まずは、無意識でも歌えるくらいに
主旋律を体に沁みこませましょう。

それプラス、
主旋律を聴きながら
裏メロを思いつきやすい体質を
作るための訓練方法があるのですが、
ご興味お持ちくださいますか?
ご興味お持ちくださるなら、
裏メロ体質 鍛えたい!
コメントください。

この話題をもう少し
掘り下げ掘り広げて
お届けしようと思います。

                

【メルマガ】石田ごうき
仲間の心に火をつける骨太な音楽家の生き方

 
↓こちらからご登録できます↓
都道府県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です